公募情報の掲載依頼はこちら >>

【広島県江田島市】高速船フェリー(中町/宇品航路)の指定管理者募集

指定管理者募集情報指定管理者公募情報

この記事では、広島県江田島市の中町/宇品航路を2020年(令和2年)10月から5年間運営する指定管理者募集について紹介しています。

現在は瀬戸内シーライン株式会社が平成27年9月より5年間指定管理者として運営されています。

あんく
あんく

知らなかったけど、高速船にまで指定管理者制度が導入されているとは驚きです。
年間51万人程の乗客があり、3億2,000万円の収益があるそうです。

中町/宇品航路の指定管理者募集要項(概略)

自治体(広島県江田島市)募集ホームページ

江田島市役所ホームページ
自然と共生・都市との交流による、海生交流都市

本リリースの公式ページ

設置目的

江田島市民の海上交通を確保することにより,市民福祉及び地域振興に寄与するため。

業務内容

  • 定期航路等に関する業務
  • 旅客船の維持および管理に関する業務
  • 旅客船の利用の許可に関する業務
  • 旅客船の利用料金(運賃)の徴収に関する業務
  • その他江田島市長が定める業務

施設概要

運行区間

  • 長瀬海浜~中町(中田港中町地区)~高田(中田港高田地区)~宇品(広島港第三区宇品地区)間

※ 中町から長瀬海浜までの区間については、能美海上ロッジの休館に伴い、平成29年4月
から運航を休止

使用できる旅客船

  • ニュー千鳥
  • スーパー千鳥
  • ロイヤル千鳥

申請資格(特別な資格要件)

  • 現在、海上運送法第3条第1項の規定により許可を受けた一般旅客定期航路事業に携わっており、かつ、本航路の運航を的確に遂行する能力及び資力を有すること

公募情報

指定管理期間

令和2年(2020年)10月1日から令和7年(2025年)9月30日まで(5年間)

募集要項配布期間

令和元年(2019年)12月18日(水)から令和2年(2020年)1月21日(火)

応募説明会・現地説明会

令和元年(2019年)12月25日(水)11時~

※開催前日までに申込み

質問期間

令和元年(2019年)12月18日(水)から令和2年(2020年)1月17日(金)

申請書提出期間

令和元年(2019年)12月18日(水)から令和2年(2020)2月10日(月)まで

提出先

江田島市企画部企画振興課
〒737-2297
広島県江田島市大柿町大原505番地
TEL:0823-43-1630
FAX:0823-57-4433

指定管理者の収入源

  • 利用料収入
  • 自主事業収入

指定管理料の上限

0円

※独立採算制

管理経費における特記事項

  • 回数券及び通勤定期券の運賃改定が実施されるまでの間は、運賃改定分相当額として年間1,530万円を江田島市から指定管理者に支払われます。

中町/宇品航路の参考サイト

中町・高田ー宇品航路(高速船)|江田島市役所ホームページ
自然と共生・都市との交流による、海生交流都市

コメント

タイトルとURLをコピーしました