【神奈川県庁】三崎漁港宮川特別泊地、宮川一時停係泊特別泊地及び宮川環境整備施設の指定管理者募集

指定管理者募集情報神奈川県の指定管理者募集

この記事では、神奈川県三浦市にある三崎漁港宮川特別泊地、宮川一時停係泊特別泊地及び宮川環境整備施設(みうら・宮川フィッシャリーナ)を2021年(令和3年)4月から5年間運営する指定管理者募集について紹介しています。

現在はみうら漁業協同組合が平成28年度から5年間指定管理者として運営されています。

あんく
あんく

ヨット・プレジャーボートのゲストバースがあり、宮川湾のすばらしい景観にマッチした浮き桟橋(ポンツーン)形式の施設。
平成30年度は588万円の利用料収入があり、人件費は1,098万円程で運営されている施設の指定管理業務です。

三崎漁港宮川特別泊地、宮川一時停係泊特別泊地及び宮川環境整備施設の指定管理者募集要項(概略)

自治体(神奈川県県庁)募集ホームページ

三崎漁港宮川特別泊地、宮川一時停係泊特別泊地及び宮川環境整備施設指定管理者の募集について

本リリースの公式ページ

設置目的

崎漁港におけるプレジャーボートの利用増加に対応するため、漁港内に混在するプレジャーボートと漁船を分離・集約し、漁業と海洋性レクリエーションとの調和ある発展及び活力ある地域社会の創造に資するよう漁港の多目的利用を推進するため、停係泊施設及び付帯施設としての駐車場、管理棟等を設置。

業務内容

  • 施設の維持管理に関する業務
  • 施設の運営に関する業務
  • 利用の促進に関する業務

施設概要

宮川特別泊地・宮川一時停係泊特別泊地

  • 水域施設11,499㎡
  • 係留施設(専用浮桟橋) 96隻(うち、一時停係泊特別泊地の5隻を含む)

宮川環境整備施設

  • 管理棟 木造平屋建て1棟69.32㎡
  • 駐車場 第1駐車場2,292㎡ 駐車台数41台
  • 第2駐車場1,005㎡ 駐車台数19台
  • 料金徴収建物1棟
  • 広場1,992㎡

申請資格(特別な資格要件)

  • 神奈川県内に事務所を有していること。

公募情報

指定管理期間

令和3年(2021年)4月1日から令和8年(2026年)3月31日まで(5年間)

募集要項配布期間

令和2年(2020年)1月22日(水)から

応募説明会・現地説明会

令和2年(2020年)2月6日(木)午前10時から

※1/30(木)までに申し込み

質問期間

令和2年(2020年)1月22日(水)から令和2年(2020年)3月4日(水)

申請書提出期間

令和2年(2020年)1月22日(水)から令和2年(2020年)3月18日(水)まで

提出先

神奈川県環境農政局農政部水産課漁港グループ
〒231-8588
神奈川県横浜市中区日本大通1
TEL:045-210-1111
FAX:045-210-8853

指定管理者の収入源

  • 指定管理料
  • 利用料収入
  • 自主事業収入

指定管理料の上限

総額5,226万6,105円

  • 年間1,045万3,221円
  •  項目「節減努力等」は、提案された指定管理料の各年度の合計額により評価され、950万2,929円以下の提案は一律満点(25点)となります。

前回の選定結果

前回公募時に現指定管理者であるみうら漁業協同組合が提出した提案書こと事業計画書は以下のリンク先で公開されています。

指定管理者の選定手続きについて(平成27年度)
神奈川県における平成27年度の指定管理者選定結果を掲載しています。

三崎漁港宮川特別泊地、宮川一時停係泊特別泊地及び宮川環境整備施設の参考サイト

みうら・宮川フィッシャリーナ
神奈川県三浦市にあるプレジャーボートの停係泊施設「みうら・宮川フィッシャリーナ」の紹介ページです
トップページ | みうら・宮川フィッシャリーナ
みうら・宮川フィッシャリーナはプレジャーボート(ヨットやモーターボート)が停係泊できる施設です。近隣に停泊する漁船と分離・集約するために整備されました。 トピックス   現在、応募を受け付けています。 クリック→(東部漁

コメント

タイトルとURLをコピーしました